処女膜再生治療を受けよう|女性のお悩み解決サイト!

このエントリーをはてなブックマークに追加

種類がある

ウーマン

美容クリニックや病院で受けられる処女膜再生手術は、メスを使用した治療が受けられます。専用の糸で膜を縫い合わせて、処女膜を再生する治療になります。縫い合わせる治療としては、ひどく裂けている、ほとんど失われている場合の方には、最適な手術方法になります。メスを使用する手術となると、デリケート部分に傷が残ってしまうのではないかと不安に思われている方も少なくありません。ですが、この手術は膜を縫い合わせるので、性行為で裂けても傷跡が残ることはないといえます。

専用の糸で膜を縫い合わせる治療は、抜糸をしなくてはなりません。抜糸をするために、入院をしなくてはいけない場合がありますし、また病院に行かなくてはいけません。ですが、抜糸をしなくても良い処女膜再生手術があります。この治療は、プチ手術と呼ばれており、自然に糸が溶けるので抜糸をする必要はありません。通常の処女膜再生手術であれば、一週間くらいは風呂に入ることはできません。しかし、プチ処女膜再生手術であれば、治療を行ったその日から入浴ができます。術後1周間以内であれば、効果を得られます。

縫い合わせる治療が怖いという方は、レーザーを使用した手術が適しています。レーザーは、裂けた部分に特殊な光を当てて、癒着させる方法になります。この手術は10分程度で終わるので、気軽に受けられる手術です。術後の注意点は縫合手術と同様になりますが、初めて体験したような症状が現れます。いくつか手術方法があるので、医師と相談をして自分にあった処女膜再生を受けましょう。